PISA調査(読解力)

PISA調査

ここでは、PISA調査という国際的な
生徒の学習到達度の調査について紹介しています。

 

勉強の効率などとはあまり関係がありませんので、興味がなければ
読み飛ばしていただいて構わないません。

 

 

興味がある方は一読してみてください。
日本の生徒の読解力が低下している・・・

 

 

という内容が書かれてあります。

 

 

日本では読解力というと「文書の本質を正しく読み取る力」と言う
意味合いが強いですが、

 

 

PISA調査での読解力というのは
一言で言うと「文書を正しく理解し、それを様々シーンで応用する力」
と言うことができそうです。

 

 

 

日本ではこの応用する力が低下しているようですね。
通り一辺倒な勉強では、国際的に見ると、通用しないのでしょうか・・

 

 

 

出典:文部科学省
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/siryo/05122201.htm

 

PISA調査は、OECD(経済協力開発機構)によって実施され、知識や技能等を実生活の様々な場面で直面する課題にどの程度活用できるのかについて、「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」「問題解決能力」の4分野にわたり主に記述式で解答を求める問題により調査が行われました。
 この調査の結果では、我が国の子どもたちの学力は、「数学的リテラシー」、「科学的リテラシー」、「問題解決能力」の得点については、いずれも一位の国とは統計上の差がなかったものの、その一方で、「読解力」の得点については、OECD平均程度まで低下している状況にあるなど、大きな課題が示されました。

 

読解力(どっかいりょく、英:readingcomprehension)とは、普通的には文章などを読み解く力を指す。とりわけ日本では、国語教育を想定した上で、「教材としての文章の本質を正しいに読み取る」という意味で用いられることがこれまでより多かった。

 

しかし近年、PISAの調査結果から、日本は国際的に見て読解力が高い水準にないことがあからさまにとなっている。この調査における、「読解力」に相当する領域は"ReadingLiteracy"と呼ばれるものであり、「PISA型読解力」などの表現でこれまでの用法と区別されている。文部科学省によれば、この両者の相違を踏まえ、後者の「PISA型読解力」の特性を次のように報告ている。

 

テキストに書かれた情報を理解するだけでなく、「解釈」し、「熟考」することを含む。
テキストをただ読むだけでなく、テキストを利用したり、テキストに基づいて自分の意見を論じたりすることが求められている。
テキストの内容だけでなく、構造・形式・表現法も評価の対象となる。
テキストには、文学的な文章や説明的文章などの「連続型テキスト」だけでなく、図・グラフ・表などの「非連続型テキスト」を含んでいる。

 

なお、PISAで高水準の結果を示したフィンランドの教育実践は、近年(読解力以外の観点も含めて)注目を集めている。

 


読解力とは

読解力とは 読解力とは文章を理解し、表現の規則や知識および経験を手がかりとして読み解く能力の事とされています。学校でも、塾でもそうなのですが、とりわけ国語の問題になると問題集を解くような形の勉強をしている人がほとんどですが、読解力は問題集を解いて力がつくもでのはありません。もちろん、国語全体で見ると、漢字の書き...

≫続きを読む

PISA調査(読解力)

読解力,向上 ここでは、PISA調査という国際的な生徒の学習到達度の調査について紹介しています。勉強の効率などとはあまり関係がありませんので、興味がなければ読み飛ばしていただいて構わないません。興味がある方は一読してみてください。日本の生徒の読解力が低下している・・・という内容が書かれてあります。日本では読解力と...

≫続きを読む

読解力を高める方法

読解力を高める方法 読解力は、理解力の中の一つと考えることができますので、基本的にはやはり、知識と経験が必要になってきます。順をおって読解力の向上について考えて行きましょう。音読する読解力をつけるにはよく「音読をしなさい」と言われることがあると思います。はっきり言って私は意味がわかりませんでした。「黙読と音読と読むこと...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力