脳の疲労と回復

脳の疲労の4つの原因

一言で疲労と言っても様々な種類があります。
一時的なものから、生活習慣が原因の慢性的なもの、
また病気の一種の脳疲労感などがあるのですがここでは勉強や、
効率といった観点から一時的な脳の疲労の原因について取り上げていきます。

 

脳の疲労原因は以下の4つが挙げられます。
この4つに対してその回復方法についても見ていきましょう。

 

  1. 栄養の不足
  2. 情報処理過多
  3. 睡眠不足
  4. 精神的ストレス

 

栄養不足

脳,疲労,回復

脳を活性化させる食べ物でも載せていますが、
脳の栄養源はブドウ糖です。これが不足すると脳の働きが悪くなり、
思考能力の低下を招いてします。

 

さらに意外とおろそかになりがちなのが水分です。
水分をあまりとらないと血流が悪くなりますので注意が必要です。

 

 

情報の過剰処理

脳,疲労,回復

近年はパソコン、スマホ等で一昔前まではなかなか手に入らない情報が簡単に手に入るようになりました。

 

今読んでいるこの記事もその一つかもしれません。

 

脳は視覚的に入ってきた情報を処理しようとしますので、
何気なく画面を見ていても処理をしようと働いている事になります。

 

勉強や仕事をしていて眠気を我慢しながら進めていてもいつの間にか目をつぶって伏せてしまう事もあるでしょうが
これは脳が情報処理作業を続けているからこそおこってしまう現象です。

 

つまり仕事などで一旦いきづまってしまったら
パソコンの画面から離れる必要があので、無理せず休憩をとりましょう。

 

睡眠不足

脳,疲労,回復

脳は眠っている時に浄化作業を活発に行います。

 

寝不足は脳に溜まった老廃物を排出できずにため込んでしまう為脳の健康に支障をきたしてしまいます。

 

体の老廃物はリンパ管を経由して体外に排出されますが、脳にはこのリンパ管がないのです。

 

ではどうやって老廃物を排出するのでしょうか。
それは脳に広がる脳脊髄液で脳内の老廃物を吸収して、
血液中に排出しているのです。

 

これは脳特有の機能で、生物が眠っている時だけ働くのです。

 

つまり睡眠不足はこの浄化作用が十分働かず
脳に老廃物が溜まりやすくなっていくわけです。

 

精神的ストレス

現代社会はまさにストレス社会です。様
々な情報がとびかい、子供から大人まで
学校・職場での学業・仕事・人間関係(人づきあい)など
気を貼る時間が長いのが現代の特徴でしょう。

 

 

あまり精神的なストレスが長時間持続すると
交感神経と副交感神経のバランスが崩れて自律神経が調子を崩してしまいます。

 

 

自律神経がバランスを崩してしまうと
慢性的な疲労、だるさ、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、
やる気が出ないなどの症状が出しまいますので、
あまりこん詰めて物事を進めない事が重要です。

回復方法の4つ手段

疲れをいやすには以下の様な方法がありますので、
症状に合わせて対処していきましょう
脳の疲労回復方法の4つについて確認してみましょう。

 

  1. 擬似回復
  2. 運動
  3. 栄養
  4. 睡眠

 

 

疑似回復

脳,疲労,回復

疑似回復は実は疲労そのものは回復しないのですが、一時的の脳の疲労を麻痺させたり、やる気を回復させる手段の事です。

 

これらは実際には回復させるわけではないので、
反動やデメリットもありますが上手く使っていくと疲労の影響を小さくせる事が出来るので、

 

どうしても頑張らないといけない時には有効な手段です。

 

カフェイン

カフェインは疲労回復の手段でもありますが、
実は疲労の原因にもなりうるもです。

 

 

プラスの面とマイナスの面と両方持っているのですが
ここではまずプラス面について確認していきましょう。

 

ドーパミンはやる気を伝える神経伝達物質なのですが、
カフェインを摂取することで
ドーパミンが増加する為やる気やモチベーションが上がるのです。

 

逆にやる気が出ないときは減少している時、
と言う事になります。

 

ただしカフェインを摂取する時には注意が必要です。
短期的にはモチベーションが上がる等良い傾向があるのですが、
長期的な視点でみると

 

慢性的なカフェインの接種はストレスホルモンの増加や
セロトニンの減少などマイナス面が多いので
毎日大量に摂取することは避けましょう。

 

コーヒー換算では一日2〜3杯程度が的量です。

 

栄養ドリンク

栄養ドリンク特徴的な成分はカフェインとタウリンです。
カフェインは短期ではプラス・長期ではマイナスとなっていますが、
タウリンはどうでしょうか。

 

タウリンは気持ちを落ち着かせリラックスさせる作用があります。
つまりカフェインとは逆の作用が働くので、
カフェインの作用を少し妨げてしまいます。

 

しかし、ストレスの低減や、リラックス効果から
精神的な疲労に効果があり、
さらに睡眠の質も向上させてくれます。

 

また長期的には肝機能の回復、
肉体疲労の緩和など身体的にもプラスに働きます。

 

つまり栄養ドリンクは短期的な脳疲労回復に
効果があるというより、
精神疲労や肉体疲労に効果があるのです。

 

チョコレート

チョコレートで疲労回復の効果がある成分は下記の成分です。
この成分はチョコレートに含まるカカオによるものなのでカカオの含有量が多い物ほどその効果が高いと言えます。

 

  • テオブロミン
  • エンドルフィン
  • フラバノール
  • アナンダミド
  • セロトニン

 

運動による脳疲労の回復

 

運動をするとこで脳の血流をよくし
ストレスを低減してくれる事で脳疲労の回復に一役買ってくれるます。

 

20分程度の軽い運動をするとこで
情報の処理能力や効率が大きく改善されると言われています。

 

軽い運動と言うのはウォーキングやストレッチ、
体操などのことですので学校や職場でも

 

「20分程度の軽い運動」は脳の血流がよくなりだし、
スッキリしだす運動量のことですので、

この20分にこだわる必要はありません。

 

10分程度でも軽いジョギングをするなどできればスッキリするかもしれません。

 

栄養補給による脳疲労の回復

脳のがエネルギー不足にならないようにブドウ糖を補給し、
しっかりと働ける状態にしましょう。

 

その為には基本は一日3回の食事をおろそかにしない事です。
どの様な食べ物が向いているかは活性化させる食べ物を参照下さい。

 

また栄養補給とは別に水分をこまめに取る事も
脳の疲労回復には重要です。

 

水分が不足すると血液の循環が悪くなってしまいます。

 

 

温かい飲み物を飲む事も疲労回復に役立ちます。
暖かい飲み物は副交感神経に働きかけ、
気分を落ち着かせてくれるなどストレス軽減効果が期待できるのです。

 

睡眠による脳疲労の回復

脳,疲労,回復

必要な睡眠時間は一体何時間なのでしょうか、
短期的な作業効率の回復であれば

 

20〜30分程度の昼寝が非常に効果的なのですが、
疲労回復となると睡眠時間は6時間は必要になってきます。

 

その根拠は睡眠のとり方を参考にして下さい。

活性化させる食べ物

脳,活性化,食べ物 脳を活性化させる食べ物というより、脳の活動に必要な食べ物と言ったほうが正しいかもしれませんが、まず脳が何をどれくらい必要としているか、簡単に理解しておきましょう。脳の重さは全体重の2.2パーセントしかありませんが、そのエネルギー消費量は20パーセント以上になります。脳はとっても働き者で、大食らいなの...

≫続きを読む

妨げる食べ物

脳,活性化,妨げる トランス脂肪酸高脂質や高コレステロール食が学習障害や記憶障害を引き起こす可能性があります。特に注意すべきはトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸はどんな食品に含まれるかと言えば、マーガリン、フレンチフライ、チキンナゲット、シュークリームなど。これらの食品の摂取はできるだけ控えるのがいいでしょう。全く摂取...

≫続きを読む

脳の疲労と回復

脳,疲労,回復 一言で疲労と言っても様々な種類があります。一時的なものから、生活習慣が原因の慢性的なもの、また病気の一種の脳疲労感などがあるのですがここでは勉強や、効率といった観点から一時的な脳の疲労の原因について取り上げていきます。脳の疲労原因は以下の4つが挙げられます。この4つに対してその回復方法についても見て...

≫続きを読む

五感をフル活用

脳,活性化,五感 最近では、声を出して活字を読むことで脳が活性化する事が分かっています。どのような文章でも音読をする、声を出して読むと、前頭前野を含めた多くの場所が活性化することが、脳の働きを調べるイメージング技術で測定され証明されています。意外な事に、昨今活字離れが叫ばれている中、ブログやインターネットの普及で活字...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力