会話力を鍛える

会話力を鍛えると脳力も鍛えれれる

脳,活性化,会話力

仕事以外の会話スキルを磨く

音読がの習慣が脳の働きにはよいと説明しましたが、会話もとても効果的です。
音読は初めて目にした文章を脳で理解し、上手に発音することで脳が活性化しますが、会話では音読以上に脳を使います。

 

一番の違いは脳で行われる情報処理の量です。

 

会話は一方的に話すのではなく、相手とのやり取りで成立します。「入力⇒情報処理⇒出力」を繰り返す作業の為より脳が活性化します。

 

しかし、決まりきった会話では効果がありません。

 

どういうことかというと、仕事などの業務連絡などの頭を使わなくても、形式的に話せる内容では意味がないということです。

 

そこで脳を鍛えるのにオススメなのが、「仕事以外の会話をすること」「プライベートな内容の会話をすること」です。

 

「決まりきった仕事上の会話は得意だが、プライベートな会話は苦手」という人は少なくありません。そもそも仕事では「仕事の話をする」という明確なテーマがあるため会話に困るケースは少ないものです。

 

ところが、プライベートの会話は自由度が高く、かえって話題選びに悩んでしまう。
しかし、この話題選びこそが脳に効果的なのです。

 

新しいこと考えると、脳内の神経細胞から、ニューロンと呼ばれる物質が伸びて、他の神経細胞とネットワークを構築しようとします。

 

そして会話相手の好意的な反応があれば、ネットワークは構築されやすくなっていきますので、相手が興味を持つような会話をすると、脳のネットワークが発達するということです。

 

 

長い話を系統立てで話す

会話の際に相手の話がよくわからなかったら、退屈したり、途中で話が終わってしまったりしてしまうと思います。

 

そこで、意識したいのができるだけ長い時間、系統立てて(順序よくわかりやすく)話せるようにすることです。

 

退屈させない長時間の話術は、話題の情報収集力や会話の理論思考も身についてきます。

 

 


生活と脳のリズム

生活リズムと脳のリズムを一致させる脳にもリズムがある人間の脳はそもそも機械ではないので、24時間同じ性能を発揮することはできません。『活発に働く時間』と『休もうとする時間』のサイクルを繰り返しています。この脳のサイクルと生活リズムを一致させる(規則正しい生活を心がける)と生活リズムと脳のリズムが安定...

≫続きを読む

朝の雑用と音読

スポーツと同様に脳もウォーミングアップが大事脳は起床後に活動モードに切り替わり、一般的に「2〜3時間後に最も活発になる」と言われています。ただ2〜3時間後に活発になると言っても、ボーっとしておいて良いわけではありません。スポーツをする時は、少しずつ体を動かして、本番でしっかりと体が動くようにウォーミ...

≫続きを読む

会話力をきたえる

仕事以外の会話スキルを磨く音読がの習慣が脳の働きにはよいと説明しましたが、会話もとても効果的です。音読は初めて目にした文章を脳で理解し、上手に発音することで脳が活性化しますが、会話では音読以上に脳を使います。一番の違いは脳で行われる情報処理の量です。会話は一方的に話すのではなく、相手とのやり取りで成...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力