目標と予定

小さな目標と強い動機が脳を動かす

集中力,目標,予定

何かの作業をする時、学校の試験のような時間的な制約が脳の基礎回転数を上げるのですが、全体のボリュームが多いために時間内に終わらないこともあることでしょう。

 

このような場合はある程度の線引きをあらかじめ決めておき、小さな目標を定めることが重要になってきます。要はきちんとスケジュールを立てそれを守ることが重要になってくということです。

 

それでも時間内に終わらせれず、仕方なくそのまま作業を続けたり、家に持ち帰ってしまうこともあるかもしれませんが、それを常習化させないようにしてください。

 

目標を立てるとき、ある程度大変だなと思える目標、スケジュールを立ててください。脳は怠け者ですので、楽な方を求めがちなり、そこから動きが鈍くなっていくのです。

 

 

 


行動予定票を作成する

集中力,目標,予定

行動予定表を作成するとその日にやらなければならいことが明確になり、たったこれだけのことで、向上心を促すことができ、さらにはよりよい判断力を身につけることができるようになるのです。

 

また時間的な制約を設けることで、作業効率も上がるので、予定に隣に「○時まで」時間を明確に記入するようにしましょう。

 

予定どうり終われば達成感もありますし、次の予定への意欲にもつながります。また、できなかった場合も何がダメだったのかを客観的に見直すことで、自分の問題点を発見することもできます。

 

この書き出すと言う行為がとても重要です。やらなければいけないとうことが視覚的に伝わり行動しなければいけない、と言う意識が強くなります。

 

『書く』という事の重要性

集中力,目標,予定

 

複雑な問題や作業に直面した祭、それを解決する為に状況に応じて、その問題を解決しようと対処を考えていきます。

 

この時脳の前頭葉当部分が働きます。人が情報を同時に処理ができる限界は、3つ〜7つま程度までなのです。

 

処理しきれない部分を補う為に、物事を視覚的にとらえるようにする『書く』とい言う行為が重要になってきます。

 

具体的な方法は、解決に必要な情報を書き出して、これをフローチャート等にして整理する。これだけで十分に前頭葉の働きを助けてくれます。

 

このデジタル化時代に『書く』とうアナログな行為が、手を動かして脳を働かすことに直結しているのです。

 


目標と予定

何かの作業をする時、学校の試験のような時間的な制約が脳の基礎回転数を上げるのですが、全体のボリュームが多いために時間内に終わらないこともあることでしょう。このような場合はある程度の線引きをあらかじめ決めておき、小さな目標を定めることが重要になってきます。要はきちんとスケジュールを立てそれを守ることが...

≫続きを読む

整理と管理

整理する力を養う為に片付けを習慣化する。思考の整理が苦手な人は、身の回りの整理も苦手と言われています。心当たりのあるかたは、机の上や本棚の整理から始めてみましょう。整理する際もただ綺麗に重ねて、スペースを広くとって満足していはいけません。あくまで整理をすることが重要です。重要なテキストや、書類はこの...

≫続きを読む

記憶力の向上

記憶力を高める方法は違う記事で紹介していますが、ここでは習慣とう観点から記憶力の向上を考えていきます。習慣を身につけて記憶力の向上と集中力を鍛えていきましょう。使える記憶と使えない記憶脳は実はとても優秀で「見たこと」「聞いたこと」を全て記憶するように出来ています。朝のニュースなど自分が全く興味のない...

≫続きを読む

結果を出すメンタルづくり

精神状態は勉強や仕事に大きな影響を与えます。結果を残すにはメンタルの持つ重要性を認識して、正しい考え方を実践していくことが重要です。メンタルと思考「仕事や勉強で結果を出せる人と出せない人との、一番の違いはメンタルに差にある」このように断言できるとほど、メンタル面は重要なのです。結果を出すために重要な...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力