思考の整理

身の回りの整理は思考の整理につながる

思考,整理

整理する力を養う為に片付けを習慣化する。

思考の整理が苦手な人は、身の回りの整理も苦手と言われています。心当たりのあるかたは、机の上や本棚の整理から始めてみましょう。

 

整理する際もただ綺麗に重ねて、スペースを広くとって満足していはいけません。あくまで整理をすることが重要です。重要なテキストや、書類はこのファイルの中、終わった物は棚の奥にしまう・・・など、必要度や重要度に応じて片付けて見てください。

 

この身の周りの整理を習慣化することで、自然と脳が物事を整理すことを覚え、記憶力が抜群に良くなると言われています。

 

実は脳の中でも同じ作業が行われています。例えば覚えておかなければならない事柄が100あるとします(仕事・遊び・食事・買い物等に関する事柄100あるとすると)。

 

これをバラバラに覚えておくことは難しいですが、仕事に関する事柄はAゾーン、遊びに関する事柄はBゾーン、食事に関する事柄はCゾーンとそれぞれのカテゴリーわけて整理するとこで覚えやすくし、必要な時に記憶の引き出しから取り出せるようにしているのです。

 

 

片付ける事は脳にとって良いことばかり

最近記憶力が落ちたなと感じる人は自分の身の回りが整理されているか、振り返って見てください。以外に散らかっていないでしょうか?

 

情報が入ってくる量が多くなってくると、整理する習慣が脳についていないと、せっかく入ってきた情報も、脳の適当なスペースに置きっぱなしになってしまいがちです。

 

そのため、いざ必要な情報を取り出す、思い出そうとしても、出てきません。どこを探しても必要な情報が見つからないとう状態になってしまっています。

 

しかし脳も整理する事を覚えればどこに、何の情報をおいたかわかる為記憶力が向上するのです。

 

ではどうやって、脳に情報を整理する習慣をつけさせるか?それはいたって簡単で、自身の周りの整理をする習慣をつければ脳も自然と整理する事を覚えていきます。

 

また、片付けをすることで、セロトニンと言う物質が脳内に分泌されます。部屋を片付けたり、不要なものを捨てることで、気持ちがすっきりし、安心感も得られるのです。

 


目標と予定

何かの作業をする時、学校の試験のような時間的な制約が脳の基礎回転数を上げるのですが、全体のボリュームが多いために時間内に終わらないこともあることでしょう。このような場合はある程度の線引きをあらかじめ決めておき、小さな目標を定めることが重要になってきます。要はきちんとスケジュールを立てそれを守ることが...

≫続きを読む

整理と管理

整理する力を養う為に片付けを習慣化する。思考の整理が苦手な人は、身の回りの整理も苦手と言われています。心当たりのあるかたは、机の上や本棚の整理から始めてみましょう。整理する際もただ綺麗に重ねて、スペースを広くとって満足していはいけません。あくまで整理をすることが重要です。重要なテキストや、書類はこの...

≫続きを読む

記憶力の向上

記憶力を高める方法は違う記事で紹介していますが、ここでは習慣とう観点から記憶力の向上を考えていきます。習慣を身につけて記憶力の向上と集中力を鍛えていきましょう。使える記憶と使えない記憶脳は実はとても優秀で「見たこと」「聞いたこと」を全て記憶するように出来ています。朝のニュースなど自分が全く興味のない...

≫続きを読む

結果を出すメンタルづくり

精神状態は勉強や仕事に大きな影響を与えます。結果を残すにはメンタルの持つ重要性を認識して、正しい考え方を実践していくことが重要です。メンタルと思考「仕事や勉強で結果を出せる人と出せない人との、一番の違いはメンタルに差にある」このように断言できるとほど、メンタル面は重要なのです。結果を出すために重要な...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力