記憶力向上

記憶力向上の習慣

記憶力,向上

記憶力を高める方法は違う記事で紹介していますが、ここでは習慣とう観点から記憶力の向上を考えていきます。習慣を身につけて記憶力の向上と集中力を鍛えていきましょう。

 

使える記憶と使えない記憶

記憶力,向上

脳は実はとても優秀で「見たこと」「聞いたこと」を全て記憶するように出来ています。

 

朝のニュースなど自分が全く興味のない内容であったとしても一度見て聞いた内容を、覚えておいたつもりはなくても、その話題になった時ふと思い出せるのは脳がこのような働きをしているからなのです。

 

しかし、こうした記憶は自分のものであるにも関わらず、必要に応じて情報を引き出して使うことはできません。記憶には自分で使える記憶自分では使えない記憶があるのです。

 

ではこのように自分では使えない記憶をどのようにすれば、使える記憶になるのでしょうか?

 

その答えは実に単純で「その情報をつかうんだ」と言うこと意識することです。例えば朝のニュースでもぼんやり見ていては、あとで思い出そうとしても、細かな内容までは思いだせないでしょう。

 

ところが、「あとで内容を聞くので教えください。」と言わているとしたら、意識して見て聞くようになるので、かなり細かな部分についても覚えておくことができるはずです。

 

つまりあとで情報を使うという意識を持つだけで、使える情報として記憶に残りやすいのです。

 

出力を意識する

 

使える記憶にするには、どのような形であれその情報を使うことが必要になってきます。それは、「家族に話す」「友人に話す」でも「ブログに書く」と言ったことでも構いません。

 

重要なことは情報を使うという事です。

 

こうして情報を使うことを意識していくと情報を理解しておかなければ記憶もできないことが分かってきます。どういうことかと言うと、どのような分野でも専門書は難解な専門用語が多用されているので、

 

素人には意味がわからないため、記憶することは大変です。しかし新聞や書籍であれば意味がわかるのできちんとした情報として記憶に残るのです。

 

見聞きした情報をきちんと使える情報として脳に記憶させ、使う。このような習慣を続けることで、次第に記憶は向上し、情報を集める脳の強化にもつながります。しいては使える情報がどんどんと増えることになっていきます。

 

「忘れやすい」と感じる人は情報を得たとき、その情報を使うことを意識して習慣化しましょう。この習慣があるだけでも、記憶力は驚く程改善されていきます。

 


目標と予定

何かの作業をする時、学校の試験のような時間的な制約が脳の基礎回転数を上げるのですが、全体のボリュームが多いために時間内に終わらないこともあることでしょう。このような場合はある程度の線引きをあらかじめ決めておき、小さな目標を定めることが重要になってきます。要はきちんとスケジュールを立てそれを守ることが...

≫続きを読む

整理と管理

整理する力を養う為に片付けを習慣化する。思考の整理が苦手な人は、身の回りの整理も苦手と言われています。心当たりのあるかたは、机の上や本棚の整理から始めてみましょう。整理する際もただ綺麗に重ねて、スペースを広くとって満足していはいけません。あくまで整理をすることが重要です。重要なテキストや、書類はこの...

≫続きを読む

記憶力の向上

記憶力を高める方法は違う記事で紹介していますが、ここでは習慣とう観点から記憶力の向上を考えていきます。習慣を身につけて記憶力の向上と集中力を鍛えていきましょう。使える記憶と使えない記憶脳は実はとても優秀で「見たこと」「聞いたこと」を全て記憶するように出来ています。朝のニュースなど自分が全く興味のない...

≫続きを読む

結果を出すメンタルづくり

精神状態は勉強や仕事に大きな影響を与えます。結果を残すにはメンタルの持つ重要性を認識して、正しい考え方を実践していくことが重要です。メンタルと思考「仕事や勉強で結果を出せる人と出せない人との、一番の違いはメンタルに差にある」このように断言できるとほど、メンタル面は重要なのです。結果を出すために重要な...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力