メンタルづくり

集中力とメンタル

脳,活性化,メンタル

精神状態は勉強や仕事に大きな影響を与えます。結果を残すにはメンタルの持つ重要性を認識して、正しい考え方を実践していくことが重要です。

 

メンタルと思考

 

「仕事や勉強で結果を出せる人と出せない人との、一番の違いはメンタルに差にある」このように断言できるとほど、メンタル面は重要なのです。

 

結果を出すために重要なことの一つにに集中力があります。集中力を発揮するためには、やる気や覚醒を司る「A6神経」と満足感や達成感を司る「A10神経」が欠かせません。

 

そして、これらの神経郡はメンタルと密接な関係にあるのです。集中力に関わる神経郡は「フロー状態」と呼ばれる良好な神経状態で発揮されます。

 

具体的には環境・他人などにとらわれない状態です。フロー状態をつくり出すためには「すべての出来事に意味はない」と考えましょう。

 

少し理解しにくいと思いますが、どういうことかと言うと例えば梅雨時期は雨がふり、じとじとして嫌だなと感じるかもしれません。しかし、これは梅雨という時期に対して、自分が後から「嫌だな」と言う意味を付け加えたに過ぎず、あくまで梅雨自体には意味がないということです。

 

つまり、ポジティブな印象も、ネガティブな印象も、全ては後から意味をつけている自分次第で変わるのだと、理解しておくことが重要です。

 

人前や本番で緊張するのは「失敗してはいけない」などと「失敗」と言う未来を勝手に予想し、勝手に恐れているからです。

 

そこで「失敗してはいけない」ではなく「失敗しないに越したことはないが、起こりうることだ」と切り替えて、緊張している自分も素直に受け入れてましょう。

 

このような思考で実践を繰り返すことで、メンタルは鍛えられます。仕事でも私生活でも大切な瞬間に本来の力を発揮するために、何事に動じないメンタルを作りましょう。

脳,活性化,メンタル

 


目標と予定

何かの作業をする時、学校の試験のような時間的な制約が脳の基礎回転数を上げるのですが、全体のボリュームが多いために時間内に終わらないこともあることでしょう。このような場合はある程度の線引きをあらかじめ決めておき、小さな目標を定めることが重要になってきます。要はきちんとスケジュールを立てそれを守ることが...

≫続きを読む

整理と管理

整理する力を養う為に片付けを習慣化する。思考の整理が苦手な人は、身の回りの整理も苦手と言われています。心当たりのあるかたは、机の上や本棚の整理から始めてみましょう。整理する際もただ綺麗に重ねて、スペースを広くとって満足していはいけません。あくまで整理をすることが重要です。重要なテキストや、書類はこの...

≫続きを読む

記憶力の向上

記憶力を高める方法は違う記事で紹介していますが、ここでは習慣とう観点から記憶力の向上を考えていきます。習慣を身につけて記憶力の向上と集中力を鍛えていきましょう。使える記憶と使えない記憶脳は実はとても優秀で「見たこと」「聞いたこと」を全て記憶するように出来ています。朝のニュースなど自分が全く興味のない...

≫続きを読む

結果を出すメンタルづくり

精神状態は勉強や仕事に大きな影響を与えます。結果を残すにはメンタルの持つ重要性を認識して、正しい考え方を実践していくことが重要です。メンタルと思考「仕事や勉強で結果を出せる人と出せない人との、一番の違いはメンタルに差にある」このように断言できるとほど、メンタル面は重要なのです。結果を出すために重要な...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力