発想力を鍛える

発想力とアイディア

発想力,習慣

ハッとするようなアイディアや、今直面している問題を解決する手段や方法がひらめく瞬間について考えてみましょう。アイディアや瞬間のヒラメキは考えたり、時間をかけても浮かんでくるものではありません。

 

勉強をしてもアイディアが浮かんでこないのです。アイディアや瞬間のヒラメキは正に発想力そのものです

 

発想力がなければ浮かんでこないものです。これは実直な勉強だけで養われるものではありませんので、どのような環境で、どのような習慣で生活をしていけば発想力が鍛えれれるかを理解しておきましょう。

 

勉強しても発想力は身につきませんが、鍛える方法を知っておかなければ、身につけることすらできずに終わってしまします。

 

試験や仕事場でも瞬間のヒラメキやアイディアはきっと助けになってくれる力です。たとえ発想力が鍛えれれてきても、なかなか目で見えて成果が上がるものではありませんので、根気よく習慣を続けて行ってください。

 

 


仕事以外の情報がアイディアにつながる

発想力,習慣

アイディアについてもう少し触れてみたいと思います。発想力は勉強で身につくものではないと、書いたばかりなのですが、勉強や経験をしなければアイディアの種も身につけることができません。

 

つまりは、勉強や経験は発想力をつけるためのものではありませんが、アイディアやヒラメキの種になるものです。

 

例えば、とにかく急いで企画を出さなくてはいけない。そんな状況に迫れれたとき、経験の少ない若手社員ほど、身近なものに目を向ける傾向があるようです。

 

デスク周りに置かれた本をパラパラとめくって見たり、室内のカレンダーや窓から見る看板をみたりして、悩んでしまうのです。

 

しかしどれだけ見慣れた周りの風景を見渡した所で、アイディアの種が転がっていることはまずありません。

 

アイディアは何もないところからは生まれません。必要に迫られたとき、次から次へとアイディアが出る人も、決して無から想像しているわけではないのです。

 

では一体アイディアはどこから生まれてくるのでしょうか?それは、すでに出てきていますが、自分が持っている「知識」や「経験」からなのです。つまりアイディアやヒラメキと言った創造力は、これまでの知識や経験を元に発揮されるのです。

 

しかし、アイディアがあまり浮かばない人も知識や経験が無いわけではありません。あまり浮かばないのは、情報の幅の狭さにあります。

 

自分の専門分野の知識しかないという人は、その分野には長けているかもしれませんが、発想やアイディアとなるとその枠から出ることができませんので、斬新なアイディアは浮かびにくいことでしょう。

 

アイディアは自分の専門や、趣味などとは無関係情報から生まれることが多いので、日頃から色々なことにアンテナをはって情報を集めておきましょう。

 


発想力を高める習慣記事一覧

新しい視点

今、あたなの身の回りで流行している事、ものは何でしょうか?それは学校や職場のことでもかまいませんし、ブレイクしている芸能人でもかまいません。流行している事に対してどのように感じるでしょうか?「なぜはやっているのか分からない。」とすぐに考えてしまうのはもったいないですね。思考がそこで停止してしまいます...

≫続きを読む

発想が冴える時間

アイディアが浮かびやすい時間帯はいつでしょうか。それは副交感神経が優位となる夜が良いと言われています。交感神経が優位となる朝の時間帯は、暗記などの勉強が向いていて、副交感神経が優位になる夜はクリエイティブな仕事に向いています。脳はいつも同じ能力で働いているわけではなくて、一日の中でもリズムをもって働...

≫続きを読む

企画力を磨く

発想力はその特性から様々なシーンで必要になってきます。例えば試験の最中であったり、スポーツのトレーニングの方法であったり、ちょっとしたゲームでも発想する力があればより高度な問題がとけたり、効率のよい方法であったり、ユニークなものになったりするでしょう。ここでは、上記にはありませんが仕事のシーンで役に...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力