発想力と企画力

企画力のキーワード

発想力,企画力

発想力はその特性から様々なシーンで必要になってきます。例えば試験の最中であったり、スポーツのトレーニングの方法であったり、ちょっとしたゲームでも発想する力があればより高度な問題がとけたり、効率のよい方法であったり、ユニークなものになったりするでしょう。

 

ここでは、上記にはありませんが仕事のシーンで役に立つ「企画力」について解説をしていきます。

 

特性・振幅・普遍性・時流

世に出回っている企画と呼ばれるもので、消費者に愛されている企画にはある共通があるのです。それを表現する言葉として「特性」「振幅」「普遍性」「時流」とう4つのキーワードを挙げる事ができます。

 

これを理解しながら企画を考えるとヒットを生み出しやすい脳になってくるのです。つまり企画と言う分野での発想力が磨かれてくるのです。

 

発想力,企画力

特性

「特性」はその業界で言う約束ごとの様なものです。いくら一見して面白そうな企画の内容になっていたとしても特性とかけ離れていては全く意味をなしません。

 

例えば食玩業界では「オマケめあての購買層」と言う特性が考えれられます。現在ではこのオマケは精巧に作れらた物や、昭和を感じさせる商品など大人達が購入するケースも多い事はもはや当たり前。

 

しかし少し前の食玩業界では子供がメインターゲットだと思って商品を企画していましたので、低価格にこだわっていました。

 

しかし「オマケ目当ての購買層」と言う特性の前では低価格にこだわる必要はないのです。

 

振幅

「振幅」は読んで字のごとく、状況が変わる度合いのことです。大きいほど反響が大きく新しいアイディアによっていい方向へと変わったと言えます。スマートフォンの誕生などはまさに携帯業界を大きく変えていきました。

 

普遍性

「普遍性」は「振り幅」とは対照的でいつまでも変わらない事柄を指しています。例えば音楽を考えてみるとわかりやすいです。

 

音楽を聴く機械はレコードからカセット、CD、デジタルへと進化してきましたが、音楽鑑賞という「特性」は変わらず「普遍性」があると言えます。

 

時流

「時流」は他の人と今を共有することで、安心や喜びを感じさせてくれるものです。「大ヒットドラマのキメ台詞」や「健康番組で紹介された食材」なども時流の要素です。

 

ヒットする企画と言うのは上記の四つ全てを満たすと言うわけではありません。どれかに光るものがあればよいのです。

 

自分が手がける企画と上記の4つのキーワードを照らし合わせてみて何が自分にとってふさわしいか考えてみましょう。

 


新しい視点

今、あたなの身の回りで流行している事、ものは何でしょうか?それは学校や職場のことでもかまいませんし、ブレイクしている芸能人でもかまいません。流行している事に対してどのように感じるでしょうか?「なぜはやっているのか分からない。」とすぐに考えてしまうのはもったいないですね。思考がそこで停止してしまいます...

≫続きを読む

発想が冴える時間

アイディアが浮かびやすい時間帯はいつでしょうか。それは副交感神経が優位となる夜が良いと言われています。交感神経が優位となる朝の時間帯は、暗記などの勉強が向いていて、副交感神経が優位になる夜はクリエイティブな仕事に向いています。脳はいつも同じ能力で働いているわけではなくて、一日の中でもリズムをもって働...

≫続きを読む

企画力を磨く

発想力はその特性から様々なシーンで必要になってきます。例えば試験の最中であったり、スポーツのトレーニングの方法であったり、ちょっとしたゲームでも発想する力があればより高度な問題がとけたり、効率のよい方法であったり、ユニークなものになったりするでしょう。ここでは、上記にはありませんが仕事のシーンで役に...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力