理解力

必要な理解力とは

理解力,向上

 

そもそも理解力とは何でしょうか?国語辞典には、「事の道理や筋道が正しくわかること。意味・内容をのみこむこと。」とあります。

 

 

生活シーンではニュースを見ている時、映像を理解する(視覚的)、内容を理解する(聴覚的)など五感を使って様々な情報を受け理解しようとしています。どれも特に意識することなく、誰もが当たり前に行っていることですが、

 

 

事、受験や、資格試験となると、問題文を正しく受け答えする必要があり面接では質問に対して適切に対処する必要が出てきます。

 

つまり・・・

  • 文章を読み解く力
  • 投げかけられた言葉を理解する力

 

 

が特に重要になってきます。普段何気なく生活しているだけでは、受験や試験で必要な理解力は得ることができません。やはり、勉強して鍛える必要が出てきます。後に触れますが、理解力はたくさん勉強したから、すぐに力がつくかというとそうではありません。

 

 

そのための裏付け(知識)が必要です。まずは、基礎となるその分野での知識をしっかりと身につけておかなければなりません。理解力は色々な知識や経験から得られるものですが、知識は勉強をするればするほど付いてくるものです。

 

 

知識の底あげは、向上の必須条件になってくるのです。
ここでは 【 理解力 】 について考えていきます。

 

理解力の向上を考えれるのであれば、理解力を高める方法まで読んでいただけると、何かのきっかけをつかめると思います。

 


理解力記事一覧

理解力とは

先のページでも書きましたが、理解とは、「事の道理や筋道が正しくわかること。意味・内容をのみこむこと。」とあります。【理解】という概念は心理学の一つとして研究対象とされているものの学習や記憶と比較するとまだ十分に解明されていなのが現状です。このことはそれ自体が、単体で成り立っているものではなく知識や学習と深い関係があります。これには段階があるのです。例えばある文章を読んでいく場合にはまず、書かれてい...

理解力,ない

理解力はその人の知識と経験によって左右されるものなのですが、理解できないと言う場合本当に知識や経験がなく解釈できない=分からないと言う場合と、何となく分かる内容なのにスっと頭に入ってこずにわからない場合と2種類あります。これが理解力がないとう状況ですね。前者の知識や経験の不足による場合は、知識や経験を積めば良いでしょうが、知っている内容だけとスっと頭に入ってこない場合どのようにすればよいでしょうか...

理解力,向上

先にも書きましたが物事を理解するには、経験と知識が必要になってきます。理解するということはその人が自分の経験と知識を照らし合わせながら、意味を考えることで、納得のいったところで記憶につなげようとすることにほかありません。良くする方法ですが、実は特別な方法などなく裏付けされたものが重要になってきます。その知識と経験をどのように積んでいくかで変わっていくのです。これは国語力と良く似ています。似ていると...