頭の回転を早くする方法

ポテンシャルを向上させる

頭の回転,速くする方法

 

頭の回転の速さがどうして違ってくるのかについては、、頭の回転が早い人、遅い人で触れているますので良いと思いすが、実に単純明快なことです。

 

知識や経験よって積みかねによる引き出しの差なのですが、それでは随分と時間が必要になってきます。

 

まずは、なるべく短期間で、頭の回転を速くする方法を考えていきます。

 

短期間とは、まさにその日その時で、回転をよくする=自分のポテンシャルを最大限引き出すことです。頭の基礎回転数が対k状態をキープすることが重要です。

 

知らず知らずの内に自分の力が出せていなかったら、残念ですよね。
その日その時で頭を冴えている状態にすることは、実は特別なことはありません。
良い生活習慣と、ちょっとしたテクニックだけですので、毎日生活に取り入れてください。

 

時間の制約を作る

頭の回転,速くする方法

脳の基礎回転数を高めるためには、何らかの時間の制約を作ることが重要です。

 

時間があるからといって仕事や勉強をだらだらと続けてしまい、結局あまり進んでいなかった・・・とう事はよくあるのではないでしょうか??

 

「○分、○時間の間に終わらせる」という、時間的な制約を明確に作ることで、脳の基礎回転数が上がり、初めて集中力を高めることができます。

 

制限時間のある学校の試験や、直前に迫った締切当状況で、作業が効率よく進んでいるように感じるのは、実はこのような理由があったのです。

 

時間に制約を持たせることは、「多数の事柄の中から大事な事を選んで作業をしなければならない」という状況を作ることになるので、判断力を磨くことにもつながっています。

 

また、この脳の基礎回転数が上がった状態というのはある程度継続していきます。作業位が終わったからと言って、すぐに休憩するのではなくて、また別の作業や勉強に取り組むとそちらの方も効率よく進めることができるのです。

 

この基礎回転数が上がった状態はもちろんずっと続くわけではありません。作業効率が落ちてきたなと感じたらそれは脳が疲れてきているサインです。

 

このような場合は、休憩を取りましょう。脳をリラックスさせて、再び時間的な制約を設けて作業や勉強を続けましょう。この繰り返して脳の基礎回転数が高い状態をキープできるのです。

 

一日6時間〜8時間は寝る

頭の回転,速くする方法

 
睡眠の重要性についは、他のページでも紹介していますが頭の回転の速さを考える上では一番重要かもし知れません。

 

24時間寝ない状態でいたり、又は5時間のみの睡眠が続くとは、血中アルコール度0.1%に相当すると言われており、酔った状態と同じくらい判断力や理解力が低下するというのです

 

 

仮眠をとる

頭の回転,速くする方法

 

また寝るのか!?って感じですが、昼間の仮眠の良い効果は以外にもほとんどの人が認識しているのです。

 

 

通常の人の生活スタイルでは、午前中は脳が活性状態にあるので、午前中の仮眠はないと思いますが、午後の仮眠は頭の回転を速くする上ではとても効果があります。

 

 

 

15分〜30分程度仮眠すると、能力が30%程度改善することが知れらています。 

 

中々、授業中や仕事中に昼寝なんてできない方が多いでしょうが、休日中の勉強時間や仕事の合間には仮眠を撮ってみましょう。

 

 

食事を程ほどにする

 

満腹な状態と、空腹な状態では空腹状態の方が脳が良く働きます。空腹状態というのは、生物にとっては危機的な状態であると、脳が判断をします。

 

 

食べ物を手に入れ危機的な状態(空腹状態)を解決するために脳が敏感に働き出すのです。逆に満腹な状態が続くと脳が安心して働きが鈍感になってきます。

 

 

但し、脳の栄養素はブドウ糖です。栄養が足りなくなっては本末転倒ですの、あくまでほどほど(腹八分目)を心がけましょう。

 

 

運動をする

 

ウォーキングや腕立て伏せ、スクワットなど負荷のかかる運動をすると、前頭葉の血液量が増えます。適度なエクササイズが脳内の血流量を向上させてくれますので、休憩時間中には椅子に座りっぱなしではなく、5分〜10程度歩くことを心がけましょう。

 

いきなり腕立て伏せや、スクワットを始めると変な目で見られますもんね・・・それはそれで面白いかもしれませんが(笑)

 


速い人

頭の回転,速い 頭の回転が速い=頭が良い ではありません。ここが少し違うところなのですが、正しくは頭の回転が速い≒頭が良いということになるのです。ではどうしてこのような事が言えるのでしょうか。それは、回転が速い人は実は、知識が豊富な人が多いのです。豊富でなければ、速くならないと言ったほうが良いでしょう。周りで、この...

≫続きを読む

遅い人

頭の回転,遅い いつも自分の判断力や理解力について悩んでいる方は、きっとなぜ自分は頭の回転が遅いんだろうと感じるのではないでしょうか?回転が速い人については頭の回転が速い人を見ていただるとわかるでしょうが、引き出しが多いからなのですが、遅い人はまさにこの逆です。引き出しが少ないのです。知識や経験が乏しい事が原因の一...

≫続きを読む

頭の回転を速くする方法@

頭の回転,速くする方法 頭の回転の速さがどうして違ってくるのかについては、、頭の回転が早い人、遅い人で触れているますので良いと思いすが、実に単純明快なことです。知識や経験よって積みかねによる引き出しの差なのですが、それでは随分と時間が必要になってきます。まずは、なるべく短期間で、頭の回転を速くする方法を考えていきます。短期...

≫続きを読む

頭の回転を速くする方法A

頭の回転,速い ここでは短期的ではなく長期的なトレーニングによって頭の回転を早くする方法を紹介していきます。頭の回転が速くなったという実感(成長)が得られることと、脳が活性状態にあるということは=(イコール)ではありません。その時々で脳が活性化していたとしても、明日頭の回転が早い状態でいられるとは限りません。頭の回...

≫続きを読む


TOP 記憶力 集中力 理解力 読解力